革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

葬式で生前のお礼とお別れのご挨拶をするのが理想

ビル

葬式の形も時代と共に様変わりして来ていて、かつては多くの人を集めて大掛かりな式が多かったように思います。
それが近頃はなるべく人を集めず小さく行う式が多いように思います。
その理由の一つに参列者への配慮があり、葬式という突然のことに時間を作って貰うことや香典などの負担を考えてのことのようです。
香典については参列される方に事前に受け取りを控える旨を伝える傾向にもなっていて、一昔前の葬式とは随分異なって来ていると思います。
そもそも葬式の目的は故人についてのご挨拶と関係者から故人へのご挨拶で、それぞれが生前にお世話になったことのお礼を述べることが主眼になると思います。
控えめな葬式も様々な配慮が窺えますが、最後のご挨拶として関係する多くの方に亡くなった旨をお伝えして、葬式の日程をお知らせするのが礼儀ではと思います。
参列はそれぞれのお考えにお任せするものですから、せめて亡くなった旨はそれまでのお礼も兼ねてお伝えすることが望ましいのではと思います。

武蔵野市役所近くにあるお墓

静岡 お墓

興学社高等学院

ライジングブル

ビル

関連情報

深夜でも手続きの対応をしています

葬儀は日中だけではなく深夜でも対応しなければなりません。
時間に追われることもあるので、作業は

お葬式のスタイルに変化が出て来ている

最近の葬儀、個人葬と言われるものから密葬とか家族葬と呼ばれる形に変わって来ています。
この家族

お葬式を初めて体験してみました

ある時、仲の良かった友達が突然亡くなったという知らせが入りましたので、とてもびっくりしました。

お葬式は業者に依頼することが出来る

一緒に生活をしている家族がある時亡くなりましたので、お葬式というものをすることにしました。